新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 調査報告 提言
教育随想
   
校長会報
大会記録
県内小学校ホームページ
新潟県小学校児童見舞金規程
新潟から
 トップページ > 新潟から > 郡市だより > 「未来を拓く妙高っ子の育成」に向けて
郡市だより
「未来を拓く妙高っ子の育成」に向けて
妙高市小学校長会

 妙高市は、平成17年4月に、旧新井市、旧妙高村、旧妙高高原町の3市町村が合併して誕生した。それに伴い小学校13か校と特別支援学校1か校で当会が発足した。現在は、統合が進み小学校11か校となり12名で妙高市小学校長会の活動が行われている。
 校長会の組織としては、中学校3か校との合同の妙高市校長会と小中別の校長会がある。年間15回、定例校長会を開催し、教育委員会指導、市校長会、小中別校長会の流れを基本として行っている。
学校数が少ないことから一人一人の顔が良く見え、まとまり・連帯感のある校長会である。

1 連携と協働で学校を創造する
 今年度、校長会では、「連携と協働」を活動のテーマとし、特に次の3つの団体との連携と協働を重点として活動している。
 全国・県の校長会との関連では、全連小・関ブロ研究集会・県小学校長会各種会議の報告や、県小学校長研究集会の課題レポートの事前研修等を実施している。
 市教育委員会との関連では、市内の全小学校が参加する宿泊体験学習や「米こめサミット」などの運営、学力向上などの今日的教育課題解決に向けた共通実践について、市教委と合同組織を編成し、一丸となり取り組んでいる。
 市教育研究会との関連では、学力向上・総合学習など5つの重点部会を設置し、それぞれ校長会会員が部長を務め、運営にリーダーシップを発揮し市教職員の資質向上を図っている。
2 進んで研鑽を深め、教育活動に資する
 上記は、妙高市校長会の研修の基本方針である。
一番大きな特徴としては年3回の小中合同研修を計画していることである。今年度は同和教育に関する研修を7月に実施し、12月には地元企業社長を講師に迎えての講演会、2月には今日的な教育課題のレポートに基づく協議会を計画している。常に小中連携を視野に入れながら研修が行われている。
 妙高市小学校長会は、市校長会との連携を密にし「豊かな感性を持ち、生き生きと未来を拓く妙高っ子の育成」を目指し、日々着実な歩みを続けるべく校長としての力量を高めている。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。