新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 確かな学力 > 「考える力」「伝える力」を伸ばす
提言
「考える力」「伝える力」を伸ばす
長岡三島・越路小学校

1 願い
 あふれる情報に囲まれ、日々変化する社会の中で、直面する諸問題を解決するための方法を考え、行動できる大人になってほしい。その基礎となる力をつけたいと、「『数学的な考え方』を身に付け、自分の考えを表現できる子どもの育成」をテーマに掲げ、教職員一丸で研修に励んでいる。

2 実態とねらい
 算数授業において、「何から、どのように考えを説明したらよいのかがわからない」といった子どもの実態があった。
 さらに、全国学力・学習状況調査の算数B問題の正答率や、CRT学力検査の「数学的な考え方」の観点が、県や全国の平均値を下回っていた。そこで、主体的に問題に取り組み、自分の考えを伝え合い比較・検討する中で、数学的な考え方を身に付けさせることをねらいとした。

3 主体的に問題に取り組ませる手だて
 授業において、その時間の見通しをもたせる場面を大切にし、前時までとの違いや既習事項を想起させた上で、本時の課題(◎)を子どもだちと共に設定した。
 また、問題を考えるときに絵で表したり、○や↓を使った図をかいたりすることを、低学年時から徹底させてきた。
 こうした働き掛けから、子どもたちは授業の目的を明確にもち、主体的に問題に取り組むようになった。

4 自分の考えを伝える手だて
○ペアによる伝え合い
 単なる言葉のやり取りではなく、ノートやボードの図や絵を指し示しながら相手に説明させたり、共通点や相違点を見つけながら互いに聞かせたりすることで、自分の考えを見直させることができた。
○ミニホワイトボードや実物投影機の活用
 ミニホワイトボードは、書いたり消したりが容易であり、黒板に直接貼れるので、自分が書いた図や絵や言葉を使って、直接説明する場面で効果的であった。
 また、実物投影機は、自分の操作を実際に見せながら伝えることができ、確かな理解につながった。

5 成果と課題
 平成25年度のCRT全国学力検査の算数では、3観点および「数学的な考え方」ともに、全国平均を上回った。 また、平成26年度の学習指導改善調査の算数では、4・5年生で県平均を上回り、6年生も県との差が縮まった。
 「考え方」と同様に、数理処理の力を伸ばしていくことと、算数用語を適切に使わせることが、今後の課題である。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ

 

 

新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。