新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 体力の向上 > 「遊び」で一人一人のかがやきづくり
提言
「遊び」で一人一人のかがやきづくり
上越・飯小学校

1 三重苦の現状と課題
 子どもに運動に親しみをもたせたい。そのためにも環境を整えたい。そこで、汗にまみれ、泥にまみれて思い切り体を動かさせたい。これが、校長としての素朴な願いである。しかし、現実はそんなに甘くはない。
現任校は、グラウンドが極めて狭く、変形で四角いスペースが確保しづらい。その上、場所が狭いためか、体を動かしている子どもが極めて少ない。ある日の業間休み時間、グラウンド、体育館で遊んでいる子どもは100 人、全校の4分の1であった。そして、体を動かしている子どもたちは、グラウンドや体育館で、かなりの確率でトラブルを起こしてしまう現実があった。
 これらの課題を解消すべく、教職員の共通理解のもと一丸となって取り組んでいる。

2 「遊び」の重視
 校地は、子どもたちが活動できるスペースに限りがあることから、体力つくりの基盤を「遊び」に置くことにした。

○狭いスペースの克服
 当校の校地に隣接する一角に、杉林と池がある。この私有地をお借りして、林間のアスレチックコース(ドリームパーク)を、父親応援団等の協力を得て開設した。

○ 運動不足の克服
 毎週水曜日の昼休み1時間、学級や全校縦割り班等で、思い切り遊ばせる。ドリームパークは、杉林の中に、坂あり、崖あり、池ありと大変変化に富んだコースになっている。そこで行われる鬼ごっこは、結構ハードなものになっている。ツルを使っての崖登り、崖下り、時には泥だらけになって、全身運動を展開する。安全確保も兼ねて、教職員にもドリームパークに入り込んでもらって、共に汗している。

○人間関係のトラブルの克服
 ドリームパークでの遊びは、①運動の苦手な子への見方が変わる。②運動の苦手な子から学ぶことを知る。③友達を知るとともに自分を知る。④集団で遊びながら楽しむという意識が育つ。等々コミュニケーションづくりに役立ち、トラブルの未然防止につながっている。

 当校の教育理念は、一人一人のかがやきづくりである。この活動を通して、子ども一人一人の自己肯定感を高めることができた。そして、生涯スポーツに取り組んでいく下地に不可欠な、子ども同士の「遊びを通して学び合う関係づくり」を作り上げつつある。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。