新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 調査報告 提言
提言
   
校長会報
大会記録
県内小学校ホームページ
新潟県小学校児童見舞金規程
新潟から
 トップページ > 提言 > 体力の向上 > すべての子どもが夢中になる運動 ~できる・かかわる・楽しく~ 
提言
すべての子どもが夢中になる運動
~できる・かかわる・楽しく~
妙高・妙高高原北小学校

1 はじめに
  新学習指導要領の改訂の方針は、小学校、中学校及び高等学校を通じて、生涯にわたって健康を保持増進し、豊かなスポーツライフの実現を図ることである。学校段階の接続及び発達の段階に応じて、指導内容の体系化か図られた。今回の基本方針が出された背景として、「運動する子としない子の二極化」「子どもの体力低下」等が挙げられる。生活の利便性や生活様式の変化により、日常生活で体を動かす機会が減少しかことなどが「運動する子としない子の二極化」「体力低下」の一因となっていることは確かである。
 これらの課題を踏まえ、当校では運動の楽しさを味わうことを大切にしながら、すべての子どもが運動に親しみ、更に夢中になって指導内容を身に付けることにより、楽しさの質を一層高めていくことを目指した。キーワードは「楽しく」である。

2 体力向上を図る「はつらつタイム」等の取組
 週に1回、業間時間を使い、学年部ごとに「はつらつタイム(業間活動)}に取り組んでいる。この時間は、短時間でできる大縄跳びに取り組んでいる。活動は、1学期、2学期の2期に分け、2学期は、異学年(縦割り班)活動となり、高学年児童が低学年児童に跳び方等を教え、できる・楽しい等、「喜び」を共有している。
 もう一つの活動は、「ゆうゆうタイム」である。この活動は、異学年で「遊び」を中心として体力づくりと交流を目的として思い切り遊ばせる。

3 体育授業における体力アップの取組
 体力テストの結果では、当校の子どもたちは、握力と投力、柔軟性などの力が劣る傾向にある。体育授業の中に準備運動を兼ねて、柔軟運動メニューを取り入れた。
 市体育指導委員の協力を得て、子どもたちが創り上げた創作柔軟運動である。課題解決のための運動を取り上げながら、体つくりに努めている。また、地域の特色である学校スキーも取り入れ、冬の体力つくりに取り組んでいる。
 子どもたちが楽しく、そしてバランスのよい体づくりができるよう心がけている。

4 おわりに
 体力づくりは、「小さなできた」を積み重ね、段階的に学ぶことである。子どもたちが楽しく体を動かし、できる喜びを味わえるよう指導の充実に努めていきたい。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。