新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 体力の向上 > 運動に挑戦する子どもの育成
提言
運動に挑戦する子どもの育成
東蒲・上条小学校

 当校では、体力向上のスローガン「運動に挑戦する子ども」の育成を目指して、次のような方策を行っている。

1 体育学習の充実と展開
  (1) 体を動かす楽しさ・喜びの獲得に向けた環境構成
    環境整備の一環として、教具「ストラックアウト」を購入した。子どもたちは楽しみながら取り組み、成功する喜びを獲得した。体力テストのボール投げの平均数値が、昨年度の県平均を上回ることにつながった。
    教員研修のツールとして、「奇跡のレッスン」の書籍と映像教材を利用した。運動に挑戦する子どもを育成するコーチングや体育授業に活かすビジョンを学んだ。
  (2) 体力テストによる実態把握と体力向上の確実な取組
    体力テストの結果から、シャトルランに課題があり、全校で2学期の重点種目とした。「体力つくりハンドブック」から持久力に該当する運動を選択し組み合わせて、体育授業の中で計画的・継続的に取り入れた。
    異学年合同の体育授業を意図的に行った。持久走では相乗効果で競い合う意識が育まれ、記録も向上した。
    マラソン練習では、ラインの内側を逆走する教員とのハイタッチを行うことで、走る挑戦意欲を持続させた。
 
2 学校行事等における創意と工夫
  (1) 体育的行事での目標設定と意識付け
    全校朝会で、サッカー本田圭佑選手プロデュース「夢ノート」を提示しながら、夢を実現する道筋を紹介した。
    めあてを達成するための手立てを、子どもにフィードフォワードした。マラソン大会前には、休日でも校庭や自宅の周囲をランニングする姿が見られた。大会後には、ステップアップするための方法をフィードバックした。
  (2) ふれあいタイム等における運動の選定と教師の在り方
    ふれあいタイムでは、全身持久力に結び付く「しっぽとり」を全校で行い、喜びながら運動に親しんだ。
    昼休みには、野球部出身の校長とソフトボール部出身の教員とで、子どもたちと一緒にソフトボールを行った。モデルを示すことで、子どもたちの向上心を喚起した。
 
3 少人数でも楽しめる運動や遊びを取り入れる活動
  (1) 学校スポーツの伝統「一輪車乗り」
    休み時間には、一輪車乗りに挑戦している。上学年児童が下学年児童に優しく教え、互いに楽しんでいる。
  (2) いろいろなバリエーション「イチローキャッチ」
    二人組の背面投げによるイチローキャッチだけではなく、一人ビッグバウンスによるキャッチも人気がある。
ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。