新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 防災教育・安全教育 > 「自分の命は自分で守る」子どもの育成 
提言
「自分の命は自分で守る」子どもの育成
柏崎刈羽・鯨波小学校

 予測不可能な自然災害や交通事故により、児童の尊い命が奪われる悲惨な事件が後を絶たない。当校は、海岸からわずか500メートルほどに位置しているとともに、交通量の多い国道や県道も近いことから、児童に「自分の命は自分で守る」意識と危険回避能力を身に付けさせる必要性を強く感じている。児童を取り巻く危険に対し、確実な対応ができる安全な学校を目指し、以下の取組を進めている。

1 「命を守る」意識の強化と危機対応能力の向上
 「自分の命の大切さ」や「命を守ることが何よりも優先されること」を児童一人一人に実感させる指導を安全・防災教育の基盤に置いている。道徳と人権教育、同和教育における「生命尊重」の学習を全体計画・年間指導計画に位置付け、全職員がその重要性を共有して年3回の防災訓練(火災・地震・不審者対応)実施につなげている。昨年から、地震対応訓練に大津波が発生した場合を想定し、全校児童が一斉にグラウンドから海抜86メートルの裏山へ避難する訓練を取り入れた。また、集団登校中の児童を襲った交通事故を教訓とし、今年度は「登下校時の危険回避訓練」を実施した。登下校中に危険を察知した状況下での適切な行動を考えさせ、実際に行動して身に付ける訓練である。いかなる危機的場面に遭遇しても、「自分の命は自分で守る」実践力を育てたいと考える。

2 実効性ある危機管理体制の確立
 水泳授業の開始に当たって、児童への確実な安全指導や校内指導体制の確立は当然であるが、万が一の緊急事態には「迅速さと正確さ」が何よりも求められる。該当児童への対応、素早い報告、児童管理、保護者・関係機関への連絡等、実際の緊急場面を想定した全職員でのシミュレーション訓練を実施した。職員の危機意識を高めるとともに、マニュアルの改善、実効性ある危機管理体制につながった。

3 家庭・地域・関係機関との連携
 地域の駐在所や交通安全指導員、地区防犯組織である「ながらパトロール」隊の協力で、児童の登下校については安全が守られている。PTAでは地区の危険箇所点検から、学区内安全マップを完成させた。今後、マップの学校での有効活用や迅速な地域との情報共有、合同避難訓練の実施など、地域ぐるみの取組につなげていきたい。
 最近、地域から「児童の挨拶がよい」という声をたくさんいただいている。今後も挨拶運動を始め、様々な学校と地域との連携活動を安全・防災教育の大きな力としながら、安全に対する意識の高い学校づくりに努めていきたい。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。