新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 調査報告 提言
提言
   
校長会報
大会記録
県内小学校ホームページ
新潟県小学校児童見舞金規程
新潟から
 トップページ > 提言 > 防災教育・安全教育 > ジオパークの大自然と向き合う「地域防災教育」
提言
ジオパークの大自然と向き合う「地域防災教育」
糸魚川・根知小学校

 世界ジオパークに認定された糸魚川市は、日本を東西に分けるフォッサマグナの地であり、豊かな自然景観と共に、その複雑な地質構造から、古来より、地滑り、崩落、土石流、火山災害、雪崩等の災害が多い。当校は内閣府など主催の「防災教育チャレンジプラン」、兵庫県・毎日新聞社主催の「防災未来賞・ぼうさい甲子園」への挑戦、応募を続け、地域と共に防災教育を進め、4年目を迎えている。

1 防災教育推進の方針

  • 教育活動を防災教育の視点で見直し、体系化しながら、関連するそれぞれの活動を整理・発展、再構成する。
  • 地域住民参画の防災懇談会を開催し、学校と地域との双方向の関わりを深め、地域防災の構築を図る。
  • 複式、小規模校(今年度全校29人)であることから、子どもや地域、教職員にとって有益な活動となるように焦点化し、多忙化に拍車をかける取組としない。

2 これまでの主な実践
 糸魚川ジオパーク(G)特有の自然災害に対し、地域・住民(C)を巻き込みながら、防災教育(B)に取り組んできた。防災クイズ、GCBと関連付けたカリキュラム作成、防災教育一人一実践、地域防災研修会の開催等である。地域から贈られた「手作り防災頭巾」、大運動会での「サプライズ避難訓練・バケツリレーの消火訓練」、学校の体育館・グラウンドを避難所にした「防災キャンプ(宿泊体験)」、防災資源を探すウォークラリーでの「安否札」配布、「湧き水・飲み水調査」等、非常時に生きる実体験も重ねた。昨年から「コドモ防災クラブ」を作り、救命法講習、安全マップ作成、コドモ防災士のテーマ曲作り等に取り組んだ。昨年夏、職員研修で南三陸町を訪問し、被災地活動支援を行った後、大川小学校を訪ね、命の大切さを再確認した。

3 防災教育の充実のために
 県防災教育プログラムでは、「防災教育は自然と向き合う正しい姿勢が求められ、生き抜く力を育てなくてはならない」と述べられている。だれもが防災教育を進めてよかったと感じなければならない。また、地域との連携が必要で、当校では共催行事を増やし、今後は地域の自主防災組織主催へと移行させたいと考えている。訓練はやったことがないからこそ、やる意味がある。やったことがないから、できない!は、有事の際に通用しない。「やってみないと分からない」が防災キャンプのキーワードである。防災・減災のために、人との絆、全校体制で防災教育を日常化していくことが、今、学校・地域に求められている。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。