新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > ICT教育 > プログラミング教育の授業イメージをもつ
提言
プログラミング教育の授業イメージをもつ
燕西蒲・小池小学校

1 はじめに
 移行期間の最終年度,燕市では,教育委員会が中心となり指導計画を作成しました。そしてICT支援員等の支援による校内研修や,授業作りの準備が整いつつあります。

2 授業のイメージをもつ
 外国語の導入と同じように,まず目標やねらいを知り,一人一人の教職員が,良い授業のイメージをもつことが大事になると考えます。

3 プログラミング教育の授業イメージ
 「辺の長さがすべて等しく,角の大きさも全て等しい」という正多角形の意味を基に,プログラム使って正多角形をかく方法を考える授業の場合
  (1) 定規と分度器を使って,正方形や正三角形,正六角形をかく
 前時までに,円の周りの角を等分する方法でかいたことを確認した後,それとは違い,「辺の長さが全て等しく,角の大きさも全て等しい」という正多角形の意味を基にかくことができるかを問い,実際にかかせます。正六角形になるとかくことが難しいことに気付かせます。
  (2) コンピュータ(Scratch)を使って正方形をかく
(予めソフトに慣れる時間を二時間程度とっておく)
 「ペンを下ろす」「80歩動かす」「90度回す」ブロックを繰り返しクリックすることを通して,正方形を作図します。次に「〇回繰り返す」ブロックが使えることに気付かせ「4回繰り返す」ブロックを使って正方形をかかせます。
  (3) 子どもたち一人一人が試行錯誤をして正三角形や正六角形をかく
 ここで話合い活動を仕組みます。その際,ネコの模型やワークシートが話し合いを有意義なものにします。プログラミング的思考を育む絶好の機会です。そして,クラス全体で確認します。指定した角度は,ネコが回転する角度であり,内角ではありません。正三角形は120度。正六角形は60度です。この調子で正八角形や正十二角形もかいてみます。

4 終わりに
 指導者がソフトに慣れていると,細かな対応が可能となります。話合い活動はぜひ取り入れてみてください。
【参考】
 「小学校プログラミング教育の手引き(第二版)」
 「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。