新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 生徒指導 > 社会性育成に向けた教育活動の展開
提言
社会性育成に向けた教育活動の展開
南魚沼・第一上田小学校

 素直で純朴な73名の当校児童は、私の自慢である。
 登校時、先頭の班長は後ろの低学年の歩みを気にして、時々列を振り返り、声をかける。玄関前では、さわやかな挨拶が幾度となく飛び交う。ランチルームでの全校給食、最初の10分間は静かに食べるので残食は毎日ゼロ。片付けも協力して行い、ゴミ一つ残さない。様々な基本的生活習慣が定着し、校内には落ち着いた雰囲気が感じられる。
 反面、固定化した人間関係と刺激の少ない中で生活しているためか、自己表出が苦手で、自分に自信がもてない児童も目立つ。一人一人の児童に、より確かな社会性を身に付けさせ、自信をもたせることが課題である。

1 基盤は「伝統を受け継ぐ」と「認める・誉める」
 前述のように、当校児童は「当たり前」の行動様式が伝統として受け継がれている。入学間もない1年生も、上級生の姿を見て、スムーズに学校生活に適応していく。集団が個を育てる姿を随所で感じている。校長として、このよき「伝統」を守り、受け継ぐことが重要と考えている。
 そこで、職員に対して「当たり前」に思えることも、実はすごいことだと児童に伝え、称賛し、自信につなげようと働きかけている。さらに、各種の教育活動を展開する中で、多面的な児童理解に努め、一人一人のよさを認め、誉めることで、自己有用感の高まりを目指している。

2 「かかわり活動」の充実・改善
 様々な人と関わる場を意図的に設定し、人間関係づくりの能力を計画的に育てている。校内では、学級づくりを基盤にしながら、縦割り活動を学校行事や児童会活動に数多く取り入れ、豊かなかかわりを実現している。また、異学年の交流活動を教育課程に位置付け、実践を重ねている。
 校外に目を向けると、隣接する保育園の年長児と1年生が計画的に関わっている。3年生は、近所の老人福祉施設を定期的に訪問し、顔の分かる交流を続けている。学習ボランティアを通して、地域との関わりも広がっている。
 こうした関わりを通し、他者と積極的にコミュニケーションを図り、互いを認め合い、支え合う関係を育てている。

3 幼・保・小・中の連携
 塩沢中学校区には、幼稚園・保育園、小中学校が合わせて19校園ある。教育に携わる全ての教育機関が連携して、各種の取組を推進している。今年度は、UDLに関する研修を行っている。また、小中学校が連携して、生活と学習の共通ルールを設定した。塩沢地区全ての子どもが、輝く「15の春」を迎えられることを願っての取組である。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ

 

 

 

 

新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。