新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 特別支援教育 > 「愛ある言葉』から 
提言
「愛ある言葉』から
柏崎刈羽・田尻小学校

 学級担任から、「Aさんへの個別指導が必要だと思います。このように対応したいと考えますが、いかがでしょうか。」という申し出がありました。特別支援教育コーディネーターと担任からの、『愛ある言葉』から、校内委員会を中核とした、次の実践が進むこととなる。

  ・全児童を対象とした、チェックシートを活用しての実態把握
  ・各種検査による、該当児童についての客観的資料収集
  ・近隣の特別支援学校の助言を受けての、「個別の指導計画」の作成
  ・その実現のための校内体制づくり

このような対応がスムーズに進むのは、日頃の教職員の研修が生きて働いているからである。継続して行なっている研究実践には、次のようなものがある。

○ "ちょっと気になる子供"のことを取り上げて、職員全体で共通理解する、
  「子どもを語る会」の、定期及び必要時のリアルタイムの実施
○ 特別支援学校の教員を助言者として招いての、事例研修の実施
○ 特に、発達障害への理解にかかわる研修会への積極的な参加

 「1年生の頃は、じっとしていられなかったのに、今日は、みんなと一緒に演奏までできて…」と、音楽会の後、喜びの涙ながらに語る母親の、我が子への愛あふれる言葉を聴きながら、改めて、親の熱い思いを感じる。
 特別支援教育の実施には、その保護者との十分な共通理解が、絶対に欠かせない。そして、その主体者は、校長であるべきだと考えて、次のように実践している。

* 特別支援学級在籍、及び個別の指導を行なう子供の保護者と、定期的・日常的に、懇談の場をもつ。
* 新たに、特別な教育的支援の必要性を感じる場合には、決して学校で先行せず、保護者の【困り感】の有無を慎重に見定めながら、共に考えていく。

 特別支援教育の効果的な推進に必要なものは、その知識以上に、「愛」である。掛け替えのない子供に対する、教師と親のほとばしる愛情が、その子の自立や社会参加につながる。その人の『愛ある言葉』で、私の特別支援教育は紡がれていく。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ

 

 

 

 

新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。