新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 調査報告 提言
提言
   
校長会報
大会記録
県内小学校ホームページ
新潟県小学校児童見舞金規程
新潟から
 トップページ > 提言 > 特別支援教育 > 学ぶ・変わる・いかす・ささえる・つなぐ
提言
学ぶ・変わる・いかす・ささえる・つなぐ
新潟・大鷲小学校

1 学ぶ・変わる・いかす・ささえる・つなぐ
 5つのキーワードで特別支援教育を推進する「学ぶ。 ・変わる」は、校長が先頭に立ち、学び変わることで、職員、保護者、子どもも学び変わるということである。「いかす」は、校内体制や特別支援教育コーディネーター(以下CO)、特別支援教育の手法を生かすということである。「ささえる・つなぐ」は、校長がリーダー、サポーターとして、職員と保護者、子どもを支え、校内及び外部との引継ぎや連携を図るということである。

2 当校の実態
 本校は、旧白根市にある通常の学級6、特別支援学級1、児童数107名の小規模校である。農村地帯で3世代家庭が多いため、特別支援教育に対する偏見が根強く残っている。また、職員の理解も十分進んではいなかった。本年4月に着任した際、全校のおよそ5分の1が、「気になる子」という実態であった。しかし、校内体制が十分機能しておらず、個別の指導計画も不十分な状態だった。UDLの考え方に基づく取組もされていなかった。

3 取組の実際
 学校の教育ビジョンを「特別支援教育を柱に据えたもの」に修正するとともに、学校運営方針にも明記した。そして、実践に取りかかった。

  • 全校保護者会における教育ビジョンの説明(特別支援教育を受けることは権利であることを強調)
  • 校内研修で特別支援教育に関する校長講話(インクルーシブシステムの構築、UDLに基づく分か る授業づくり)
  • スクリーニングの実施と個別の指導計画の形式変更指示
  • 生徒指導とリンクした校内サポート委員会の開催(学期1回+随時)
  • COと校長による教育相談の実施

 この結果、職員の意識が高まり、UDLを取り入れる職員が増えてきた。また、新潟市特別支援教育サポートセンターにつなぐケースや、保護者からCOへの教育相談が増えるなど、校内組織が機能し始めてきた。

4 今後の課題
 「言うは易し行うは難し」を実感する日々である。先日は、「おじいちゃんが特別支援学級を理解してくれない。」という保護者の話を聞いた。まだ、取組は緒に就いたばかりである。今後は、新潟市小学校長会の「特別支援教育のモデルプラン」の導入、中学校区の特別支援教育部会の活性化も含め、さらに特別支援教育の充実を図っていきたい。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。