新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 家庭・地域との連携 > 子どもの成長を真に願う大人の集団づくり
提言
子どもの成長を真に願う大人の集団づくり
三条・井栗小学校

 昨今、めまぐるしい変化や忙しさから、日々の生活に余裕がなく、走るように過ごしている気がする。実際、学校でも「すべきこと」が多く、保護者や地域と一緒に「したいこと」に取り組む難しさを感じることがある。
 しかし、現代の子どもたちを見ていると、いろいろな面で心配な言動があり、今こそ「何とかしなければ」という気持ちが私の中で強くなっている。
 
1 「問題発生」こそ発想の転換に
 当校の学区には、布施谷川という川がある。そこには、地域の方々が大切にしている桜並木があり、子どもたちとひまわりを育てる活動も行っている。しかし、数年前雨でひまわりが全滅したことをきっかけに、「もっと育てやすい場所に」と校門近くに植えることにした。すると、すくすく育つひまわりが身近な存在になり、どの子も一生懸命世話をするようになった。また、川の氾濫を防ぐ堤防に花を咲かせ、より美しい場所にしたいという願いを聞き、子どもたちも地域の良さを強く感じるようになった。今、ひまわりロードは当校の自慢の一つになっている。

2 手応えを感じる活動で連帯意識を
 「挨拶が飛び交う地域」をめざし、中学校区全体で挨拶運動を実施している。しかし、学校で挨拶する子が外に出るとできないという実態が見えてきた。そこで、地域とふれあう機会を意図的に設定した。防犯パトロールとの交流会では、ゲームや握手をする中で、顔なじみになった。生活科や総合的な学習では、多くの方から参加いただき、交流を深めている。一方、地域の方々は、育成会などで挨拶を活発にする方法を話し合い、自ら挨拶ボランティアとなり、進んで声をかけてくれるようになった。すると、「最近、自分から挨拶する子が増えましたよ。」「笑顔で話しかけてくれるのがうれしいですね。」と、子どもの様子を報告してくれることも多くなり、変化しているという手応えを皆で感じ、連帯意識を強めている。
 保護者も地域も、子どもたちの健やかな成長を真に願っている。しかし、何をどうすればよいかが分からずにいる。それを示せるのは、学校である。目的や価値、協力してほしい内容など、取組のコンセプトをしっかり説明することで、初めて同じ目標に向かう集団を作ることができる。
 今、学校・保護者・地域による夏祭りの準備が着々と進んでいる。今年度は中学校区全体の防災訓練も行う予定だ。どれも学校だけではできない。家庭や地域の力があってこそ実現する。その有り難みを学校は忘れてはいけない。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ

 

 

 

 

新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。