新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 調査報告 提言
提言
   
校長会報
大会記録
県内小学校ホームページ
新潟県小学校児童見舞金規程
新潟から
 トップページ > 提言 > 環境教育 > 地域と共に歩む「ふるさと環境学習」
提言
地域と共に歩む「ふるさと環境学習」
十日町中魚・飛渡第一小学校

 飛渡第一小学校では、恵まれた自然を生かし、過去20年以上に渡り、「ふるさと環境教育」に取り組んできた。
 平成22年には、小学校では新潟県初のユネスコスクール認定校になった。それは、児童や職員、保護者・地域の方々にとって誇りである。これまでの伝統を受け継ぎながら、更に充実した環境学習を目指している。
1 飛渡川での川遊び
 毎年、夏休みに入った最初の日曜日に「川遊びの会」を実施している。魚のつかみ取り、生き物探し、イワナやヤマメの放流、クリーン活動、川をせきとめた天然プール遊び…清流飛渡川ならではの活動を行う。これには、地域おこしの会「濃実会」の方々の会場作りや、昼食の焼き魚、豚汁の用意、安全管理・・・等、全面的なバックアップがある。
2 ブナ林コンサート
 6月末の土曜日、校区内にある木もれ日が美しいブナ林で、コンサートを開催している。蒸し暑い時期なのに、ブナ林の中は気持ちが良い涼しさだ。児童は、日頃の音楽学習の成果や詩の朗読等の発表をしている。また、地域のバンドとコラボレーションもしている。すり鉢型になった会場は、音が良く響き、素晴らしいコンサートになる。
3 元気パクパク飛渡米作り
 保護者や地域の老人会の方々の協力を得ながら、米作りをしている。田植えや稲刈りだけでなく、十日町で開催される「てづくり市」で米を販売するところまでやっている。販売で得たお金で、本を購入している。
4 サケの放流
 サケの卵を稚魚にまで育てて、飛渡川に放流する活動を進めている。年々、戻って来るサケの数が増えているのが児童の喜びだ。
 児童は、事前のPR活動をしたり、事後に新聞や作文に感想等をまとめたりする学習もし、人との関わりを学んだり、表現力や発信力もつけたりしている。何より、ふるさと飛渡の良さ(自然や人)を感じ、飛渡を自慢に思うことができている。これからも「ふるさと環境学習」を学校経営の柱の一つに据えて進んで行く。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。