新潟県小学校校長会
トップページ   サイトマップ
当会のご案内 主な活動 初等教育巻頭言 初等教育提言 調査報告
校長会報 大会記録 県内小学校ホームページ 新潟県小学校児童見舞金 リンク集
提言
   
 トップページ > 提言 > 体力の向上 > 健康教育の推進と体力向上 
提言
健康教育の推進と体力向上
上越・上杉小学校

1 はじめに
 当校は、健康優良学校「全国優秀校」の受賞や「学校給食の運営と指導」において文部大臣賞を受けるなど、健康教育や食育に力を注いできた。しかし、全国的に指摘されている「朝から生あくび」「気力の低下」「転んだ時に手が出ない」等、子どもの体のおかしさは、当校の子どもにも当てはまることである。子どもの将来的健康をゴールとした「体力つくり」を推進していかなければならない。

2 運動の習慣化と体力向上
 (1) 業間体育の充実
 年間を通し、週2回の業間体育を実施し、運動の習慣化を図っている。マラソン・サーキット・縄跳び等を天候に合わせて行い、運動量の確保に努めている。
 (2) 年間2回の体力テストの実施
 春の体力テストの結果で、体力レベルの低い項目について、夏休みに職員研修を行い、体力アップの運動を体育授業に取り入れている。秋のテストではその成果が出ている。
 (3) 専門家の力を活用した課外活動
 水泳と陸上の課外活動には専門家の協力を得て、運動能力の向上に努めている。全職員が交替で指導に当たり、短時間での効率的な指導がなされている。

3 健康教育推進による体力向上
 (1) 年間指導計画に基づく健康教育の推進
 保健指導や保健学習、食育の年間指導計画を全職員で共通理解し、6年間を見通した健康教育の推進を図っている。学級担任と養護教諭によるティームティーチングを、月の予定の中に位置付け、効果を上げるよう努めている。

 (2) 学校保健委員会を核とした親子健康づくり活動
 「自分の体に関心をもち、進んで健康な生活を実践できる子」を目指し、学校保健委員会を核に各種の取組を行っている。栄養士と養護教諭による「健康な食生活」、歯科医による「歯と歯肉のクリーンアップ作戦」、学校医による「生活習慣病の予防」等々専門家との連携による親子健康づくり活動が計画的に行われ、保護者の協力を得られるようになってきている。

4 おわりに
 「運動するための体力」だけでなく「健康に生活するための体力」の育成が、子どもたちには必要不可欠である。
 健康三原則(調和のとれた食事、適切な運動、十分な休養・睡眠)に基づいた生活習慣の改善に向け、今後とも努力を続けていきたい。

ダウンロードこのページのPDF版をダウンロードする (別のウィンドウが開きます)
このページのトップへ
新潟県小学校長会
事務局 〒950-0908 新潟市中央区幸西3丁目3番1号 じょいあす新潟会館2階 / TEL 025-290-2231 / FAX 025-245-6060 
Copyright © 2010 Niigata Prefecture Elementary School Principals' Association All rights reserved.
本サイトのコンテンツ等の著作権は新潟県小学校長会が保持します。教育的利用を除く、無断での転載・複製を禁止します。